スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ぐうたらの極み!
  いやぁ、久しぶりの投稿です。(笑)

 先日、図書館で本を借りたんですが、2週間で読みきれず、延長して計1ヶ月借りてたんですよ。
 でも、結局返却日の前夜と当日の朝に慌てて読んだ本がコレ。

主婦でスミマセン
青木 るえか〔著〕


 読むのに1ヶ月もかかる本じゃないですよ。(笑)私がずっと放置していただけです。(-_-;)

 この本の著者はスゴイですっ。何がスゴイって、ぐうたらっぷりがですよ!
 私も、ぐうたらだと思っていましたが、これほどスゴイ人が居るとはって驚きですよ。

 洗濯物を干している時に雨が降っても放置してしまうとか、旦那さんの服を洗濯せずに、乾かしただけでまた着させるとか、やる事が激しいです。
 掃除もロクにしないみたいだし、古くなった食材がゴロゴロしてるらしいし。
 私も前に、かぼちゃをカビカビにした話をここで書きましたが、そんなの可愛いもんですよ。(笑)

 そんな感じでも、旦那さんは怒ったりしないんですねぇ。ほんといい人と結婚したもんです。
 うちの旦那もうるさく言わない人なんで助かってますがね。(笑)
 きっと、そういう旦那が主婦をダメにしてしまうんでしょう。

 この本は、あぁ面白いなぁって思うだけか、こんな主婦にだけはなるまいっ!と自分を戒めながら読むかって感じですかねぇ。
 特にためになる本ではないです。

 暇つぶしなんかに、軽~く読むのにいいと思いますよー。

 もう少し投稿するように励ましのクリックを。→   ブログランキングranQ

応援クリックお願いします




 趣味・カルチャーの通信講座 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2006/02/24 02:04 】
読書感想 | コメント(2) | トラックバック(0)
ツライ気持ちを乗り越えよう!
 本を読んで久しぶりに大泣きしちゃいました。
 それがこの本。

あおぞら
星野 夏著


 これは、18歳の著者が書いた実話のようなんですが、スゴイ話ですよ。
 中学生の頃にレイプされて、援助交際をしたり、水商売やってみたり、ムチャクチャです。
 でも、愛する人を見つける事ができて、幸せになれるかと思っていたところ、その彼が交通事故で死んでしまう。

 始めの方は、暗くて痛々しい話だったので、なんかしかめっ面して読んでたんですよね。
 それが、途中からは泣けて泣けて・・・。

 やっぱり愛する人が亡くなるっていうのは、悲しいものです。
 特に、この本に出てくる彼は、著者の過去を丸ごと受け止めてくれるような人だったんです。
 そんな人が亡くなってしまうなんて・・・。
 
 彼が亡くなってしまったのは、初めからわかっている事だったんですが、読んでる途中では、死なないで欲しいと思いましたねぇ。 

 著者自身がやってきた事は、全くオススメできない事だし、レイプの話にしたって、自業自得って思わないわけでもない。
 もちろん、そういう事をする男たちが悪いわけではありますが。

 でも、彼が亡くなった事には同情しちゃいますよ。

 時々、ほんとに実話なのかなぁ?と疑わしく思ってしまう部分もあるにはあったのですが、著者の気持ちがすごく伝わってくる話でした。

 自分を大切に思ってくれる家族や友達がいる事によって、これらのツライ経験から立ち直ってきた事を、みんなに伝えたいと書かれた本のようです。

 同じようにツライ思いをしている人、若くて無防備に生きている人にはオススメかな?

 応援クリックしてねー♪→  ブログランキングranQ

  応援クリックお願いします





    

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2006/02/07 16:08 】
読書感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
あみねこ
 最近、更新を怠っているわけですが、その原因の1つが、あみぐるみ作りにハマっているという事。

 というわけで、読んでみたのがこの本



 これは、「あみねこ」っていうあみぐるみのネコの写真がいっぱい載ってます。
 4コマ漫画っぽい感じで、「あみねこ」に色んなポーズをさせて、文章をつけてます。
 ほのぼのした感じでいいですよー。
 ほんとに生きてるみたいっ。

 それから、この「あみねこ」の作り方も載っているので、私も作ってみましたー。
 著者のねこやまさんのHPにも作り方が載っていて、それで1体作ってはいたんですよねぇ。
 作り方については、HPの方がわかりやすいかなぁって思ったんだけど、本の方には布団や枕なんかの小物の作り方が載っていたり、服を着ているような感じにするための、色変えをする段が書かれていたりと、より「あみねこ」との生活を楽しめる感じになってます。

 あみぐるみを作らない人も、絵本感覚で楽しめる本だと思います。

応援クリックお願いします!→  ブログランキングranQ

応援クリックお願いします



毛糸・手芸・コットン 柳屋 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2005/11/29 21:52 】
読書感想 | コメント(2) | トラックバック(0)
簡単な料理
母に習えばウマウマごはん
小栗 左多里著 / 小栗 一江料理


 著者のお母さんは、料理教室の先生をされていたそうです。
 なかなかいいキャラだなぁって思いましたね。面白いお母さんです。

 そんなお母さんが教える料理の紹介本ですね。

 1ページに料理のレシピ、1ページにその料理にまつわるマンガって形でした。
 ほんと簡単に出来そうな料理が載っていて、役に立ちそうですよ。
 私は作ってないですけど・・・。(-"-;)

 栄養的にも良さそうなんですがね、うちの旦那は好き嫌いが激しいので、美味しそうだけどダメだなって物がいっぱい。(笑)

 簡単な料理が知りたいって人は見てみるといいと思いますよ。

 応援クリックよろしく!→  ブログランキングranQ

応援クリックお願いします



 英語教育&教材(イクシー)

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2005/11/04 23:17 】
読書感想 | コメント(2) | トラックバック(1)
命って大切なんだなぁ・・・
ハッピーバースデー
青木 和雄作 / 吉富 多美作


 読んでみましたよー。
 これは、母親に嫌われていた事がきっかけで言葉を失くした女の子が、祖父母の元で色んなことを学び、立ち直っていく話です。
 最初の方では少し泣けましたねぇ。
 でも、進んでいくうちに、話がうまく行きすぎだなぁって思うようになっちゃって、泣けるって事は無かったです。
 それでも、良かったですよ。 
 
 イジメだとか、養護学校に通う障害者だとか、母親の虐待だとか、重いテーマを盛り込んだ話ですが、もともと児童書なので読みやすかったです。
 読むのが遅い私でも、2日くらいで読めました。(それでも遅い?w

 これを読んだ後は、命の大切さについて考えさせられるんじゃないでしょうか?
 自分のことが嫌いな人、子供を愛せない親、イジメをしてしまう子供などなど、全ての人にオススメな本だと思います。

 応援クリックよろしくね!→  ブログランキングranQ

応援クリックお願いします



 
 

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【2005/10/20 18:16 】
読書感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。